合格実績


徳島大学理工学部に合格した柴山さんの合格体験記です。

 徳島大学薬学部創製薬科学科に合格した柴山です。私は高校2年生から2年間篠原ゼミナールでお世話になりました。私は高校1年生の時英語が一番苦手でした。特に長文を訳したり、要約をするのが苦手で、篠原先生に当てられてもはじめは全然答えることができませんでした。しかし、篠原ゼミナールに通い続け、英語を勉強することで、センター試験では自分の中ではとても良い点数を取ることができました。
 また、私は篠原ゼミナールの自習室をよく利用していたのですが、とても静かなので集中して勉強することができました。疲れて勉強が嫌になっても周りのほかの人たちが勉強している姿を見ると勉強をがんばろうという気持ちになれ、私は家や学校で勉強するよりも一番勉強がはかどりました。だから、自習室もぜひ利用してみて下さい!
 最後に、受験生の人、不得意科目が伸び悩んでいる人、最後まで諦めずに頑張ってください!諦めなければ必ず良い結果になると思います。皆さんのこと心から応援しています。

徳島大学理工学部に合格した住田くんの合格体験記です。

 私は高校2年生の3月に篠原ゼミナールに入塾し、1年弱の間お世話になりました。元々、英語が苦手だった私にとって、篠原先生の授業はとても難しいと感じました。初めの方は、篠原先生にあてられても全く答えられませんでした。それでも、篠原先生と大森先生の授業を受けていく内に、徐々に英語力がつき、授業にもついていけるようになりました。又、私は自主勉強の時間の多くを理系科目にあてていたため、英語を勉強する時間があまりとれませんでした。なので、塾に行くことで、英語を勉強する時間がとれるのは、とても助かりました。
 数学の授業では、数Ⅲと数ⅠA・ⅡBの授業を受けていました。数Ⅲの授業ではなにもわからない状態で積分の授業を受けました。そのときの絶望感はとんでもなかったです。でもわからないのが悔しくて、必死に勉強しました。分からない所は奥野先生や学校の先生に徹底的に聞きました。その甲斐あってか、微積が解けるようになっていきました。又、奥野先生にはⅠA・ⅡBの実力も大幅にレベルアップさせてもらいました。
 短い間でしたが、ご指導いただいた先生方、本当にありがとうございました! 

徳島大学理工学部に合格した鈴江くんの合格体験記です。

 僕はセンター試験有りの推薦で志望校に合格しました。
 部活は陸上部に入っていたのですが、練習でかなり疲れていたときは塾を休んでしまうこともありました。部活が終わってすぐに塾に行き勉強へ切り替えるのは本当に辛かったです。受験を本気で意識し始めたのは3年生になってからで、練習を終えると一気に気持ちを勉強に向けることができるようになりました。その気持ちをもっと早くから持つことができればよかったと悔やまれます。1日頑張った日は達成感があり、気持ちが良かったのを覚えています。
 僕は英語が苦手でしたが、篠原ゼミナールで細かく丁寧に教えてもらえたことで、センター試験ではしっかりと点数を取れました。学校や自宅でする学習ではあまり習わないような英熟語などを学ぶことができ、それがとても役に立ちました。
 数学では基礎問題から応用問題まで自分の学力にあった内容を勉強でき、理解できるまで分かりやすく教えてもらえ、成績が上がっていき自信が持てました。センター試験は普段模試で取れていたより悪かったけれど、二次試験で数学で挽回できる自信はありました。
 勉強と部活の両立は本当に大変だけど、後悔しないように1回1回の授業を大切にして欲しいと思います。
▲上へ